プリザーブドフラワー お供えの花

  • お悔やみに贈る花は、地方により風習が異なります。一般的な注意事項は下記のとおりです。四十九日まで
    ・真っ白い花、もしくはごく淡い色彩の花を選びます。
    ・鉢物、造花、プリザーブドフラワーは避けます。
    ・喪主の方の手をわずらわせないよう、花束よりも器に盛った
    アレンジを贈ることをおすすめします。
  • 四十九日以降(月命日、3回忌、7回忌など)
    ・時間の経過とともに、贈る花の色合いも明るいものを
    選んでいきます。
    ・長期間飾るため、プリザーブドフラワーや造花も使用されます。
  • 新盆
    ・亡くなられた方の霊をお迎えするため、
    華やかな色彩の花を選ぶと良いとされています

お供えのプリザーブドフラワーアレンジ

お供えの花「エターナル」

5,850円(税別)
お供えのプリザーブドフラワー

お供えの花「ノーブル」

3,200円(税別)
お供えの花 ノーブル

お供えの花「みやび」

4,000円(税別)
お供えの花 みやび

お供えの花「フォトボックス」

6,000円(税別)
お供えの花 プリザーブドフラワー「フォトボックス」